忍者ブログ

もものけつ姫の兜町でこぴっと勝つ

夫の転勤に伴い2012年7月に滋賀から上京。 日常で感じたことや、趣味の株とダイエットについてを、もものけつ姫独自の視点で、バッサバッサと無駄に一刀両断ブログ。

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
月次   -0.36%
年初来  +12.08%

売り
アクアライン
第一化成
リンクバル
その他1銘柄(ホープ)

買い
オリジナル設計
EJホールディングス
エンビプロ
エスケーホーム

いやー迷走に次ぐ迷走でした。
本当に全然ダメで自分でもビックリするぐらいなんですけど、動き回った割には結局金額的に影響が大きかったのはやはり日本商業開発なんですかね?
もはや先月の株価とか記録していないので(調べりゃ分かりますが)、どの株がどれくらい上がった下がったを把握できておりません・・・。

月次の結果も最終2日での京進の上昇によりようやくトントンというテイタラクぶり。
京進の上昇は某著名ブロガーさんの影響とのこと。誰とは言いませんが、羨ましい&迷惑な限りです。
自分の発言が株価に影響するようになった場合は、銘柄名は伏せるべきだとワタクシは思っております。


日本商業開発
ユニバーサルエンターテインメント
MCJ
アーバネットコーポ
ウイルプラス
京進
タイセイ
エリアクエスト
オリジナル設計
EJホールディングス
エンビプロ
エスケーホーム
※保有日数順
※前月までその他ってしてたのも5月の決算前に欲しい分は買えたので公開してます。タイセイとエリアクエストしか残ってませんが・・・。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
PR
月次   -0.44%
年初来  +12.49%

売り
桧家
レッグス
すかいらーく
ディーエムエス
シーアールイー
富士山マガジン
その他2銘柄(ピクスタ、ハイアス)

買い
アクアライン
第一化成
リンクバル

4月は結構激しかったですが、終わってみればほぼヨコヨコでした。
毎度のことですが、急落局面でPF整理してます。
しかし今後は本当に銘柄数増やしすぎないようにします。そしてキャッシュ持ちます。

桧家は元から短期のつもりだったんで、タイミング良く上昇してくれたので、急落前に売却。
その他は全て急落時に売っています。すかいらーくを売ったためワタクシの優待投資はあえなく終了となりました。
買いの方はアクアラインは本決算前の上方修正を見て購入。
その他は急落時に購入って感じです。


日本商業開発
ユニバーサルエンターテインメント
MCJ
アーバネットコーポ
ウイルプラス
京進
アクアライン
第一化成
リンクバル
その他3銘柄
※保有日数順


にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
めっちゃ下がりますね!
めっちゃやられてますよ。

さて、こんなときは個別銘柄の調査よりも理論の考察に限りますね。
ということで、ワタクシが株を始めてからずっと困らせられてきたキャッシュポジション(以下CP)について考えを書いていきます。

CPがなぜ難しいかっていうと、偉大な先人達の考えもバラバラであって、明確な答えみたいなのがないからだと思います。
すなわち、フルインベストメント派と都度調整派ですね。
ワタクシ自身、このどちらが有利になるのか?ということについて長らく悩んでおりました。

多数決で決まるようなものでは決してございませんが、日本の優秀な個人投資家様方はどっち派が多いのか?についてですが、ワタクシが独自にスパイした結果では、調整派の方がやや多いかなという印象です。
かく言うワタクシは、株を始めて約5年あまり、ずっとフルインベストメントでやって参りました。
それはなぜかっていうと、偉大な投資家達が口をそろえて言っている「マーケットタイミングは読めない」だから上昇を取り逃さないために常に株を保有すべきという考えに則ったためでした。
エリスの「稲妻が輝く瞬間」ってやつです。
でも、「マーケットタイミングは読めない」だから暴落時に株を追加購入すべきとも偉大な投資家達は言ってるんですよ!
だから、ずっとフルインベストメントでいながらも迷いがありました。

でも、ようやく自分の中ですーっと肚落ちする答えみたいなものが見つかりました(肚落ちって言葉大嫌いです)。
それは、各投資家のスタイルによって最適解は異なるため、一概にどちらが有利か言えるものではないということです。
具体的に言うと、極端な例ですが、個別株投資で勝率よりも値幅を狙った投資をしている場合はCPは持つべきだし、一方でインデックスに近いような分散投資をしている場合はCPは不要ということです。

で、ワタクシがやっている(やりたい)のは、個別株投資です。
つまりキャッシュが必要なんです。
なぜなら、チャンスがあれば下で買い増したいからです。

銘柄選定が間違っていなければ、頭と尻尾をくれてやったとしても、数倍は取れるはずだ。
であれば、常にフルインベストメントである必要があるだろうか。いや、ない。
「どの株が市場に評価されるか」よりも「いつ市場に評価されるか」を予想する方が何倍も難しいと偉い人も言っていたではないか。
では、その「いつか」に対するヘッジをする方が良いのではないか。
よし!キャッシュが必要だ!!
みたいな一人会議を行っておりました。

ということで、今日現在ワタクシは自分史上最大のキャッシュ量で相場に挑んでおります。
驚くなかれ、そのCP、なんと8%!!
ちゃんちゃん。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
月次   +1.21%
年初来  +12.98%

売り
プロパティエージェント

買い
シーアールイー
富士山マガジン

タイトルの件はワタクシのことです。
それとも勤めていた会社が合わなかっただけなのか・・・。
どうなんでしょうね。

さて、センチになるのもそこそこに、もう今年の4分の1が経過してしまいましたよ。
焦る焦る。早くお金持ちになりたい。でもそのためには、早くお金持ちになりたいという雑念を捨てること。でも、できるだけ早くお金持ちになれるように努力すること。
と思って日々生きております。

相場の方は引き続き堅調?だったんですかね。
特に今月は新興小型の方が強かったみたいですね。
恩恵はあまり受けられていませんが、それでも相場は動き続けるということで、引き続きがんばりたいと思います。
それでは。


日本商業開発
ユニバーサルエンターテインメント
MCJ
アーバネットコーポ
ディーエムエス
ウイルプラス
京進
レッグス
桧家
すかいらーく
シーアールイー
富士山マガジン
その他5銘柄ほど
※保有日数順


にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
ピーターリンチ風に書きたかったんで断定的なタイトルになってますが、必ずではないにせよ、こういう特徴があると少し頭の中で注意信号が点滅するぞ、という例を挙げたいと思います(頭の中で注意信号が点滅!笑)。

整理して何点か挙げたいところなんですが、先ほど急に思いついた1点をとりあえず。
ずばり、「時価総額を目標に掲げる企業」です。
※かかげるって打とうするとかがげるって打っちゃいませんか?!何回変換しても加賀ゲルになってパニくりました!

なんで嫌かって言うと、結果と目標がテレコになってる気がするんですよね。
つまり、時価総額(=株価)は結果であって、そこを目標にしちゃうと無理が生じるんじゃないかってことです。
もちろん、バリュートラップを避けるためには株価やIRに力を入れている企業に好感を持つのは自然なんですが、それは分かっていても少し二の足を踏んでしまいます。
投資家が自分の資産総額なんて気にしない方が良いように(ワタクシはそう思っています)、企業も時価総額なんか気にする必要ないんじゃないでしょうか。

いやまてよ、時価総額どころか、業績も気にする必要がない気がします!
というのも、業績も結局は「結果」じゃないですか。
売上も利益も愚直に良い事業を行った結果の評価です。
それを追い求めすぎることは「チャレンジ」につながる気がします。

まあ、現実的には中計とかは出してくれてる企業の方が投資対象になりやすいですが、本当に良い企業はなによりも愚直に特別な価値を生み出すことに専念してくれているところかなあと思います。
だから同じ中計でも、あくまでも「結果」の予想といったものが好きです。
例えば、業績予想を外さない優秀なマエストロが、業務を拡大していった結果、数年後はこの程度になりますといったようなものです。
※日本管理センターはもっていません(笑)



にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
もものけつ姫
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
株式投資(2012年~)

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS

アクセスランキング

バーコード

ブログ内検索

カウンター

| HOME Next >>
Copyright ©  -- もものけつ姫の兜町でこぴっと勝つ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]