忍者ブログ

もものけつ姫の兜町でこぴっと勝つ

夫の転勤に伴い2012年7月に滋賀から上京。 日常で感じたことや、趣味の株とダイエットについてを、もものけつ姫独自の視点で、バッサバッサと無駄に一刀両断ブログ。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
株式投資もモチベーションを保つのが難しいですよね。
やる気があると新規銘柄をどんどん調査するっていう良い面と、
無駄な売買をしてしまうっていう悪い面があります。
逆にやる気がないと無駄な売買はしないっていう良い面と、
知られざる良い株を見逃してしまう可能性があるっていう悪い面があります。

無駄な売買はせずに、なおかつ、銘柄の調査は継続的に行っていきます!

そこで最近の銘柄調査のテーマは高配当株です。
持株の日本商業開発の増配のIRを見て高配当は一つのテーマだなと思ったからです。
その後、日本商業開発の株価の値動きはいまいちですが、
この会社は社長がクレイジーなのでホールドオンホールドです。

さて、高配当の良いところは、
①下値支えになること
②増配によって株価が見直されること
③配当収入
てな感じでしょうか。

①については、日本では優待の方が強力だとは思いますが、
高配当銘柄についても同じことが言えるんじゃないでしょうか。
②については、このテーマを調べる際に、
本当に久しぶりにスクリーニングってやつをしてみたんですが、
(私は四季報も買いませんし、銘柄調査は適宜開示からやっています)
日本株の配当利回りは高くても7%みたいですね。
つまり、利回りが7%超えれば、株価は見直されるんじゃないかってことです。
③については、現在あんまりインカムゲインは気にしてないのですが、
まあ、配当が振り込まれてたらうれしいですよね、人間だもの。

てな感じで、高配当銘柄を調査してるとやっぱり結構良さそうな会社あるもんですね。
ティーライフなんて最近のIPO銘柄なのに全然見逃していました。
いや~ティーライフは良い、なんせ社長さんのブログが良い。
結構直感なんですが、おそらく近日中に購入するでしょう。

最後に調べて考えたこと(超基本的なことですね・・・)の備忘録に。
配当利回りの変数はPERと配当性向で、(変数の使い方あってるのか?)
PERに反比例、配当性向に正比例しています。
だから配当利回りが高い銘柄があった場合は、
PERが低いもしくは配当性向が高いということです。
PERが低くて、配当性向は20%ほどで、
年10%程度利益成長が見込める企業を探したいですね。

ちなみにティーライフは、
実績PER8.17、配当性向33.9%、今期予想成長率12.6%です。
(全て経常利益から算出、純利益は経常利益の60%、株式数は4,250,000株で算出)
もう少し配当性向は低めでもいいかなぁ~って感じですかね。

でぁ

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
もものけつ姫
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
株式投資(2012年~)

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RSS

アクセスランキング

バーコード

ブログ内検索

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- もものけつ姫の兜町でこぴっと勝つ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]